ノート見開き、ペンa0002_011008

【言語技術】大学でのレポート課題は、口頭試問をされているつもりで書くのが肝心

レポート課題の書き方は、入り口はいろいろあるけれども、元々の目的から考え直せば大本がずれることはないだろう。

 

レポート課題は理解度を試すという面がある。

 

理解度をテストする方法には口頭試問なんてのもある。

面接形式で問いただしていく。ツッコミを入れていくわけだ。

 

実は、この辺りでレポートと口頭試問は同じ側面を持つ。

レポート論理的に書かれていなければならない。

(リンク: 論理的に書け、ってどういうこと?)

論理的に書くということは、少なくとも、細かく理由を補強していく作業が要る。

それはつまり、自分で自分にツッコミを入れて答えていくということになる。

 ツッコミを入れて答えていく

ところは変わりがないわけだ。

そして、これが揺らいでいるレポートは不可だ。

だから、一人で口頭試問をやるつもりでやると良い。

ダメなレポート

自己ツッコミが足りないものも、その答えできていないのも、レポートとしては失格
  • 口頭試問では、ツッコミに耐えられなければアウト。
  • レポートでは、ツッコミ忘れているのはアウト。
    • ツッコミに耐えられないのもアウト。

#他にもしなければいけないこと(構成、引用など)もあるけれども、一番肝心なのはココじゃないかな。

 

 

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です