Tag Archives: 知識

pピラミッド前に人

【学習】【知識】賢くなる勉強方法、賢くならない勉強方法→知識の知識の知識を知るかどうか

例えば、ある数学の公式を学ぶ場合はどうか。

  • 数学の公式を覚えて、使えるようになる。
    • 解けない問題が解けたりして、役に立つことが分かる。
    • でも、
      • 一つづつ覚えるのは面倒だし、
      • 忘れたら困るし、
      • 深い理解をしていないと、なんとなく不安。
      • 他で学んだことと関係あるのか??

数学が得意でない学生は、覚えて使えるという辺りで止まりがち。

理解の対象が、「その公式と使い方」自体で止まっている。

[知識] を学んだにすぎない。

理解も進まないし、応用も利かない。

他の知識との関連がないもの。

 

いま手にしている知識は何だろうという疑問を持って、少し賢くなれる。

(さらに…)

h日時計a1130_000165

【知識】常識的に分かりやすいものとは何か=時間・空間・人間関係+目的など、日常的に接しているもの

人間は、空間の把握、時間の把握、人間と関わることはいつもやっている。

いつも接している、身近によくあるものについては人間は理解が早い。

 

ずっと経験値が溜まっていて、

日常当たり前のように使っているもの

理解に流用しているわけだ。

 

だから、

  • 図示
    • 色々なものの形、それらの性質、位置関係etc. について、私達はよく知っている
  • 動きのあるもの
    • 繰り返しのある動き、すこしずつ変化して急激に変わるetc. のパターンなどを私たちはよく知っている
  • ストーリー仕立ての説明
    • 私たちは、ストーリーのパターン、ストーリーの読み方、作り方についての知識を持っている
  • 擬人法

などが理解を促進させるために使われる。

 

あとは、有目的なことは理解しやすい

特に、

衣食住、安定(健康他)、コスト、安楽、娯楽

に最終的にたどり着く目的は理解されやすい。

 

トランプゲームなんかは、比較的抽象的なルールでできているけれども、

駆け引きや、勝ち負け、どういう状態から始まってどう終わるか、

というような部分では、結構日常生活で使う概念を流用して理解することができる。

 

でも、これら日常的な経験から学べることに頼りすぎるのは間違いの元。

時間・空間・人間関係で培った知識が効かないところもある。

(さらに…)

nノート、いろんなノートと鉛筆消しゴムa1380_000098

【知識】正しいこと以外も知っておく→誤答、疑問、単語…

学校で教わることに慣れきってしまうと、

正しいこと以外は記憶しない、

という癖がついてしまう人もいるようだ。

 

知っておいて役に立つ物は、知るべし。

原則はそれだけ。

 

もつべき情報の種類:

  • 正しいもの
  • 正しくないもの、誤答
    • どう間違うか、どこに落とし穴があるか、を知るのは有用
    • 部分的に正しいものもある
  • 真偽不明のもの
    • 正しいかどうか分かっていない、ということが分かっていることも大切
    • ある意味、疑問点
  • 想定できるもの、仮説
    • 起こりうることを知るのは大切
    • 虱潰しに探す場合には、可能なものを含むある範囲を全部潰す。だから大切
  • 断片的情報
    • 疑問: 半分答え。完全な解答の片割れ
    • 単語: 言葉すら知らないと困る。ある意味リンクの元
      • 今は関係ないと思っても拾っておくべきものである。いつか芽吹く
    • リンク: 情報を指し示すもの。当然大切

 

ゴミ分別a0006_001680

【知識】【思考】知識や考えることが、役に立たない理由→大雑把、根負け、知識が少ない、具体的なことに偏重 etc.

「考えても仕方がない」

「知識なんて役に立たない」

そんなことはなくて、

知識と考えることについての技術が不足しているだけ。

 

非常に気になる点を6つ挙げた。

  • 問題の表現などが大雑把 → 答にたどり着かない、答も大雑把
  • テキトウな推論 → 長い論理の鎖が作れないので答えにたどり着けない etc.
  • 気合が足りん → 答えにたどり着くまで、十分に考えられない
  • 知識が足りない → 知識を導く手数が少ない、知識の相互連携の恩恵を受けていない
  • 具体性の高い知識に頼っている → 適用範囲が狭く、陳腐化しやすい。役に立たない知識が増える
  • 抽象的な知識を少ししかもたない → 必要な部品としての知識が足りない

 

(さらに…)

i糸車a1600_000062

【時事関連】【学習】ほとんどのニュースは実は古臭い。というよりはそう思えるようにならないと。

時事問題を勉強するときに、

新しいことを追いかけ過ぎるのは考えもの。

センセーショナルなものを追っかけては、

新しいことを次々に覚えるようなことをするのは徒労

#知識は再利用できるからオイシイのだ。

#つまり古臭いものを含め、何度も使えるオイシイ知識を貯めこむのだ。

 

▲ニュースが新しいと感じるのは、

・あなたが若いか、歴史を知らないか、

一般向けの情報しか見ていない

このあたりが原因

 

歴史、専門的知識、業界ニュース、などで、

大きな流れや、歴史上繰り返されていることを知っておくこと。

これが肝だ。

 

(さらに…)