Tag Archives: 書く

pピラミッド前に人

【分かり易さの罠】研究者は分かり易く解説すべき、に対する反論

■結論: 研究者には研究者の本分があるから説明能力は補助的なものに留まる。その度合は分野による。

1. 研究者に限らず、何でもかんでも分かり易く表現することが可能なわけではない。それは無理であり、盲信である。

2. 部分的には、研究者も分かり易く表現することが望ましい。しかし、それはどの分野かによってその度合は異なる。

3. 研究者が解説に使える労力は、解説者よりも制限されていると考えるべき。それぞれの職分というものがある。研究者の言葉が分かりづらいのは、彼らの職業的理由から来ているものである。分かり易く伝達するだけが、言葉の機能ではない。確かな知識を生む難しい言葉も必要である。解説者の言葉の源となっているのは、これらの硬くて無味乾燥に見える記述なのだから。研究者は知識を生み出すことに言葉を使い、その翻訳は高コストであるか、不完全な結果に終わるのがしばしばである。

(さらに…)

nノート、いろんなノートと鉛筆消しゴムa1380_000098

【言語技術】文章がうまく書けないなんて、もったいない!! みんな面白いこと考えているのに!!

「文章書くの苦手」

「作文キライ」

非常にもったいない

私的には、残念でならない…

 

学期のはじめに、アンケートのついで (??) に、

興味のあることならなんでもいいから書いてもらうことにしている。
これが面白いんだわ。

本当は本にして出版したいぐらい。

#何故か学生はここで笑うんだが、いや、本当にそう思うんだよ。

(さらに…)

mig

【言語技術】 Wikipedia を使ってレポートを書く、ベストな方法

1. 概略を得る

2. 外部リンクを利用する

…こんなことは、どうでもイイ。

完璧な記事
ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%AE%8C%E7%92%A7%E3%81%AA%...

素晴らしい記事を書くには
ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%...

この辺りをしっかり読んで、秀逸なレポートを提出。

多分、Wikipedia をレポート作成に役立てる最良の方法ではないかと思う。

 

参考: 実例が見たいのであれば、

秀逸な記事
ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E7%A7%80%E9%80%B8%E3%81%AA%...
良質な記事
ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E8%89%AF%E8%B3%AA%E3%81%AA%...

ここにまとまっている。

 

双子塔a0016_000225

【言語技術】文章とイメージ(想像していること)の関係は2つある

区別: 文章の字面と、文章を読んでいる時に想像するイメージは相互に関係している。関係の仕方には二つある。

イメージ作りあげてゆく。字面から断片的なイメージを組み上げてゆく

イメージ操作する。既有のイメージの変化、抽出、区別、関連付けなど。

 

応用: 既有のイメージを操作する本は、読むのも書くのも容易いことが多い。難しい本にあたったら、イメージを作るのが難しいのか、イメージの操作が難しいのか考えること。

応用: 分かりづらいコンピュータの教科書の犯しているミスの一つとして、著者の経験に基づいたイメージを仮定して、イメージを作り上げる作業を飛ばしている。経験とイメージを仮定してイメージを操作し続ける、というものがある。

応用-難しい数学の本を読む: 厳密性を追求している数学の本には、読者がイメージを自分でつくり上げることを前提としているものもある。自分で関係性や例、問題、有用性を導き出したり発見しなければ読み進めることが難しくなる。

 

文章の要素には、大きく3つに分けることができる:

  • 主題: 言いたいこと
  • 詳細: 分析、理由、分類、敷衍 など
  • 近接: 例、比喩

この中で、近接というのは、既に読者が持っているイメージを利用することだ。

イメージを作成する方は、近接を使用するとは限らない。

(細かな描写を続ける、練習問題を通じて作り上げるなどがある。)