Tag Archives: 分かり易さの罠

pピラミッド前に人

【分かり易さの罠】研究者は分かり易く解説すべき、に対する反論

■結論: 研究者には研究者の本分があるから説明能力は補助的なものに留まる。その度合は分野による。

1. 研究者に限らず、何でもかんでも分かり易く表現することが可能なわけではない。それは無理であり、盲信である。

2. 部分的には、研究者も分かり易く表現することが望ましい。しかし、それはどの分野かによってその度合は異なる。

3. 研究者が解説に使える労力は、解説者よりも制限されていると考えるべき。それぞれの職分というものがある。研究者の言葉が分かりづらいのは、彼らの職業的理由から来ているものである。分かり易く伝達するだけが、言葉の機能ではない。確かな知識を生む難しい言葉も必要である。解説者の言葉の源となっているのは、これらの硬くて無味乾燥に見える記述なのだから。研究者は知識を生み出すことに言葉を使い、その翻訳は高コストであるか、不完全な結果に終わるのがしばしばである。

(さらに…)

nノート表紙とペンa0002_011009

【思考】【情報収集能力】分かり易さの罠

■分かり易くするには、難しいことを噛み砕いたり、散り散りになった断片情報を編集して始めてできること。従って、分かり易い説明や解説に依存している人は、物事を分かり易くすることができない。

■分かり易い解説等を作るのには時間気力体力などのコストが余分にかかる。

■分かり易い解説等は比較的高コストであるため、すべての情報は分かり易くはできない。従って、分かり易い情報以外に手がつけられないのであれば、情報収集範囲が下がる。分かり易い解説が出るまでには時間がかかるので、情報入手速度が低下する。

■物事を分かり易くする際には、善意(細かい部分や難しい部分を端折る等)もしくは悪意(故意の誤誘導等)による嘘が出る。整理等をすることで内容を変えることなく分かり易くすることが出来る場合もあるが、少なからず、否、圧倒的大多数の分かり易い説明において、元の内容は失われるか、改変されてしまう。

 

誰しもすべての分野のプロフェッショナルになることはできないから、分かり易い解説は有難い。読む側のコストを下げることで皆が受けられる情報量が増えるのは歓迎するべきことではある。また書く側の人間に対して読む側の数が十分に多い場合には特に、分かり易くすることはコスト面でのメリットがある。