Latest Posts

n猫、リラックスa1180_005145

【セルフコントロール】つまらない原因: 自分が何を思っているかすら知らないから。

つまらない時には、何をどうしたいんだ?? という自問自答が効く。

でも、

面白いからする

できるからやる

納得のため、何かを残すため

人に迷惑をかけずに生きるため

???????????

 

そういうのは、中間目標に過ぎない。

誰かに習った固定した目標は、自分の究極の指針とはならない。

どんどんズレていくだけ。やりたいことからそれていく。つまらなくなるのは当然。

人にやらされているからとか、飽きたからとか、そんな個々の理由も不要

自分がやりたいことが分かっていないから、それていく自分にも気が付かない。

そしてよくわからないけれども、つまらなく感じるのだ。

(やりたいことと書いたが、正確には何をしたい、どうしたい、どんな風にしたい、と形は様々。例えば何をしたいわけでもないが、方法にこだわりがある場合もある。生き方や働き方自体が目標となっていることもある。)

 

ちなみに、

ずっと継続的に湧き出る思い、時に叫びを、曲がることのない状態で聞く。

それが自分の思いを知る唯一の方法だ。

 

つまらないと思ったら、利害得失・毀誉褒貶・習慣倫理道徳、何もかもを無視して、自分の思いを吐き出すことだ。そしてそれを継続して見つめることだ。

#自分の方向性、方向性の変化の傾向はあるが、少しずつ変化するので見つめ続けないと、これまたズレのもと。

操り人形の鬼

【社会】宣伝は必然的に嘘をつく。でも意図を読めばよいだの話だろ??

食品偽装表示などの件がうるさい昨今。確かに悪意がある偽装も確かにはびこっているが、

#伊丹十三「スーパーの女」辺りから知られるようになったのか?

ある程度の宣伝の嘘は仕方がない。

看板に少しでも偽りがあれば正義感むき出しで批判するというのは馬鹿げている。

 

看板が偽りなく看板の言っていることと中身が同じであるというのは、それはそれで望ましいことであるが、額面通りに行くようにするには非常なコスト(広い意味でのコスト)がかかるものである。

また、看板では多少大きめなことを書いて、消費者は多少目をつぶるというのが世の常ではある。理由があって、あまり大きなことを書くとあからさまな詐欺になるが、他との競争を考えるとある程度大きく書かざるを得ないのである。
この些細な「誇大広告」を避けるには、

  1. 中身より小さめの看板を出す
  2. 表示を曖昧にしておく
  3. 非常に詳細に中身がどうなっているか余すところなく表す

という方法もある。1. は現実性があるが競争に負ける。2. は過少か過大評価につながり、場合によっては詳細がないことを追求される。3.は書いたところで看板として世間で通用しない。保険会社のテレビCMの細かい字で書きこまれた注意書きなんてほとんど誰も見ないだろう。

 

そもそも、書いてあるものの意図をくみ取るのが、読むという作業だろう。

看板でも宣伝でもその点、何ら変わりはない。

意図も読めずに字面だけ読んで批判しているのはナンセンスだ。

k風見鶏ではなく風見船a1180_006733

【学習】勉強すべきこと→学校にとらわれず、自分を育てればいい。それだけだ。

「学校なんて、役に立たないことばかり教えている」

「学校で教えていることは面白くない」

…じゃあ、役に立つことでも、面白いことでも、勝手に学べばいいじゃん。

#実際、高校までで教えていることは、Classics なんだ。古典だな。

 

はて、学び取ることとその目的は明白だ。

この先、生きていくこと全体に役に立つように自分を鍛え、知ればよい。それだけだ。

一生積み重なる汎用性のある知識、アイデア、技などを蓄積して自分を鍛え、知を自分の一生を支え生かすものとするだけだ。

詳しくは、以下の通り。
(さらに…)

電卓ビジネスマンa0001_011517

【コンピュータ】検索の上手な方法の秘訣は、Webに住む人々を知ること

「検索の上手な方法」は初歩。

「みんな検索スキルを持つ時代になった」

というのをどこかで読んだけれども、ほとんどの人の検索はずいぶんとゆっくり

どう検索するかの基礎のノウハウは習っているだろうけれども、これだけではあまり実用的でない

 

Google検索結果の100件分を1分以内で流し読みするぐらいのことは、

Webにどんな人が生息しているのかが分かっていれば何でもないことなので、

ぜひトライしてみてください。 (さらに…)

nノート表紙とペンa0002_011009

【言語技術】文章力を上げる簡潔明瞭で優れた文章の構成法【鉄板】

作文・レポート・報告書など、説明的な文章を簡潔でしっかりとした文章にするためのルーチンは、以下の通り。

 

文章構成のルーチン

  1. とりあえず、書き出す。
    • 頭の中にあるものを吐き出す。恥ずかしがったり、失敗やタブーを恐れずに書き出す
  2. 書きながら考える
    • 書いて、書いたことを見て思いつく、書く、の繰り返し。アイデア出しの段階
  3. 言いたいことを一つ一文で表して取り出す。テーマの選定。(要約しておくこと)
    • 出たアイデアの方向性が複数あるのはよくあること。そこから一つだけ言いたいことを選ぶ
  4. 3.で選んテーマの説明や理解に必要なパーツをそれぞれ一文で取り出す(要約しておくこと)
    • 主張したいことだけでは伝わらないので、説明や論拠、分かってもらうための例を取り出す
    • これらのテーマ以外の文章のパーツも、それぞれ簡潔に言い切って、単一の機能を持つようにする
  5. 言いたいこと(テーマ)、説明、例、比喩の役割に応じて組み立てる
    • 箇条書きにして、相互の関係を確かめる
    • その後に文章化する
  6. 記述が足りない部分は補足する
  7. チェックリストを確認する。まだ完成していないのであれば1.に戻る
  8. 余った文章のパーツは残しておく
    • また別の機会に役立つ。今書いている文章にすべてを盛り込まない。

チェックリスト

  1. 言いたいこと(テーマ)が二つ以上ないか?
    • (文章全体を要約して一文で表してチェック!!)
  2. 各段落の機能(言いたいこと、説明、例、比喩)と内容は二つ以上ないか?
    • (段落を要約して一文で表してチェック)
    • (各段落の要約をして、段落間の関係をチェック!!)
nノート、いろんなノートと鉛筆消しゴムa1380_000098

【学習】無暗な棒暗記はバカのもと

 

理由は簡単。

  • ・知識と知識の関連付けが希薄→論理なり歴史なりの流れで覚えるほうがマシ。
  • ・↑の当然の帰結として、応用が効かなくなる。賢くならないと言ってもいい。

(関連のないバラバラの情報は役に立たん。関連がないと再び情報を引き出せない。考えること=情報を引き出すことと言ってもそう間違いはない。)

 

余談だが、R.ファインマンの本に、南米のエリート大学生に教えたけれども、学生が暗記ばかりをして鼻高々になって困る、というようなことが書いてあった。

(さらに…)

h埴輪分かってないa1030_000021

【学習】大学生になって、馬鹿になる方法

やるべき課題を言われた通りに指示通りにこなすだけで、

全体としては何をやっているかというアイデアを理解せず

教師に噛み砕いてもらった細かいことをなんとなく理解し疑いもせず棒暗記しては忘れ、

特定分野でしか役に立たない知識やテストにしか出ないような知識を頭に突っ込み、

役に立ったとしても10年すれば陳腐化する知識を有難がり、

しそうな対象には心折れてあきらめ、時に適当にやり過ごし

心身を疲れ果てさせ、学費をはたいて合格のスタンプと卒業証書を貰って、

何がしたいかも自分で判然としない卒業生になることである。

 

ここまでやれば完璧だ。

学費と時間をドブに捨てて、完膚なきまでにバカになれる。

 

#腐るほど遊んでも、バイトしても、商売しても、賢く勉強することぐらいできますよ? 何よりも暇つぶしをしないこと。コツはこれに尽きます。

is_a0027_000422

【思考】【要点】定義とは何か。定義はどう役立つのか

定義とは、言語による対象の限定であり、同時にその名称を与えるものである。

数学等では対象すべてを含み、他の対象を含まないように定義はなされるが、

実世界における定義では、これらの条件を満たす定義をすることが困難な場合もある。

例: 「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの。」とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。(文部科学省、平成18年)

 

代表的な定義の方法として以下の3種類ある。 (さらに…)

鹿の集団a1370_000261

【対人】許せない人の対処「人でなし!!」「人としてどうなんだ」→あなたの「人」のイメージのずれを直す+人を分類

許せない人に対して、こんなことを言ったことはないだろうか。

として許せない! だってあの人はああだからこうだからどうたらこうたら…」

でなし」

この「人」は何かというと、あなたが感じる「人ってこんなものだ」という感覚で捕らえているそれである。短く言うと、あなたのいうところの人である。生物的に人であるかとか、社会通念的に社会的に問題のない最低限のことをわきまえている人であるというような、そんなに一般的な人という概念などではない。

人として許せない、というのはあなたの持っている人のイメージから外れた人間が現れて、期待を裏切られ、また混乱し、怒っているのに過ぎないのである。

 

どう接しどんな対応をすればよいかという基準で人間(生物的な意味で)を分類し、その分類に従って対応すれば問題はない。

#数学風に言うと、「等しい対応をすればよい人間、で類別する」感じ。

 

(生物的な意味での)人間を十把一からげに「人」と呼ぶから混乱するのである。

異なる分類のものには、異なる名前をつけ区別し、異なる対応をする。

そうすれば混乱は生じない。 (さらに…)

n猫a0005_000447

【人間関係】好きの反対は、やはり嫌いであってる。ちなみに無関心の反対は当たり前になる(詳細付)

まとめ:

「好きの反対は嫌いで、十分に嫌い落ち着いたときには無関心になる。」

向きを反対にしてもこの文はまだ正しい。

「嫌いの反対は好きで、十分に好いて落ち着くと当たり前になる。」

好き・嫌いというのは自分の内側、外側に向いた力を受けている状態であり、その位置は無関係である。当たり前・無関心は共に力を受けなくなっている状態を指しているが、範囲の内側・外側に位置しているという違いがある。

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 17