【言語技術】簡潔な文章を書くための、強力なチェック方法→見出しをつける

文章を書いていると、

どうでもいい内容が紛れ込んだり

内容がずれていたり

という問題が出てくる。

 

文章全体でも、段落のような文章の一部でも、

まとまらない部分を検知する方法がある。

 

題名・要約・見出し などをつけること。

それも、できれば

主部・述部をもつようにつける。

「何が何だ」

というようにする。

それが、ちゃんと文書内容と適合しているかテストすればいい。

例: step1 :  ある段落の前に、題名や見出し などをつけてみる。

 

「結論」 と書く

内容についてはチェックできない。

でも結論を書いているかどうかをチェックできる。

 

「いじめ問題についての解決策」 と書くと

問題に対する答えに当たる部分 (解決策など) についてはチェックできない。

でもいじめ問題以外の事を書いていないかチェックできる。

 

「いじめ問題は組織的対応が重要」 と書くと

いじめ問題を扱っているか、

対応策として組織的対応について書いているかチェックできる。

 

さらに、

「結論: いじめ問題は組織的対応が重要」 と書くと

この文章の部分が、結論部になっているか、

いじめ問題を扱っているか、

対応策として組織的対応について書いているかチェックできる。

 

例: step 2 :見出しなどをつけたら、次は文章内容と照合する。

 

文章内容を見て、再要約し、

 

A) 一言で言いたいことが表せない場合、

つまり再要約すると2つ以上要約が出てくる場合には、

文章の目的外のものが入り込んでいる

 

B) 一つしか無いけれども、内容と見出しなどずれている場合には、

内容か、見出し等の部分 のどちらかがおかしい。

色々な原因があるが、

書いていることと、意図していることがずれている

ことが代表的な原因。

 

 

Similar Posts: