hハサミa1180_008360

【言語技術】言い切るか、言い切らないか

 

言い切るべきケース:

完全にはっきりしている対象については、言い切ればいい。

簡潔に述べられるものであれば尚更だ。

ここで「など」等を付け加えるのは上策ではない

 

言い切るべきではないケース:

・対象がはっきりしない、

・例外が多い、

・きっちり表現するには紙幅が足りない、

・手短に例示で済ませたい時、

などの場合は、

 「など」

と付け加えておくべき。

#書いたことは一例で他のケースもあるという場合、詳細を省いていることを示しておくのは大切。

 

■断言して不誠実、言葉を濁してスッキリせず

▲言い切って失敗した…

「〇〇は××である」

言い切れないときに断言してしまうのは、

過ちの元。

 

▲辞書に書いていることがなんとなく分かりづらい、とは

辞書などの間違った表現を避けようとするものは、

断言を避ける

間違った断言をしないという誠実さの現れだが、

それは言葉を濁していることであり、

読み手にとってはスッキリしないものにはなる。

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です