職人a0001_000401

【教育制度】【メモ】君は、学校ではなく、師匠のところに行きなさい-徒弟制度を選択肢に

個々のニーズに応えた教育、というものを考えるときに、

  • どんなレベルの学校を選ぶか
  • その学校で何ができるか

というようなことを真っ先に考えるのが当たり前になっているのは、

視 野 狭 窄 。

個々のニーズに答えるというのならば、少なくとも、

  • 普通の人…つまりよくある道を歩む人
  • そうでない人…珍しいものに特化し、打ち込んでゆく人

がいることを意識すべき。つまり、

  • (大なり小なり)集団で学ぶ人
  • 徒弟制でのほうが向いている人

がいる。そもそもこの選択肢がないこと自体、結構な問題ではないのか??????

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です