【行動力】イライラ、現実逃避、なげやり、やる気がなくなっているとき

よい方向に向かおうという気がなくなっている状態。

具体的には、しなければならないことをする気がない状態。

 

現実的になること、楽しいこと、考えることなどを拒否・放棄する傾向がある。

何よりも逃避しようとする。

 

この手のことは、大体はパターン化している。

パターン

  • 問題を放置して、詳細が分からない、具体的に分からないまま、感情的にそれを大きな問題と捉えてしまう。
  • 細かい問題が山積して、放置していく内に、次第にその具体的な姿を忘れて、感情的にそれを大きな問題と捉えてしまう。
  • 問題を放置しているうちに問題は意識から消えて、イライラ等の負の感覚だけが残る。

手のつけられないことは、イライラの原因

さらには、問題の詳細に入らない具体的につかんでいないのは手がつけられなくなる原因。

問題の顔を見て、手元に対象と手段を引き寄せて [作業を前に進めるには] ないと前に進まない。

 

それが積み重なり、イライラと手のつけられないことが溜まると、現実逃避的になり、さらにはよい状態に向かおうということを拒否する、なげやりになる。

 

 

逃避的な状態から回復する

イライラ、現実逃避、なげやり、やる気がない、への対処の第一歩は、

具体的に手がつけられないことがイライラ、現実逃避、なげやりの原因

ということ自体をどんな状態でも思い出せるようにしておくこと。

できればそのパターンも。

#たとえ現実逃避的になっていても、イライラしていても。

 

このことを思い出せずに、「現実を拒否」(積まれた問題を拒否するということ)をしているときには、つまらない。つまらないことで気を紛らわせるようになる。

そのうちつまらなさに嫌気がさす。次第に問題に手をつけるようになる

…はずなんだが、そのまま逃避の方向に突っ込んでいってしまう人もいる。

 

結局は問題と向き合うしかないというところに戻ってくる。それを忘れない。

これを覚えておくこと。

補足: やけくそ、なげやり、そんな状態では考えられなくて当然。問題を解決する気もないのだから、考える気もなくなる。#考えるのは問題解決のためだけではないけれども。

Similar Posts: