n猫a0016_000165

【人生】自分を大切にするとは何か?

自分をぞんざいに扱ったり蔑ろ(ないがしろ)にしないこと。自分をテキトウに扱わないこと。自分に対して間に合わせや誤魔化しの方法で済ませてしまわないこと。

他人を大切にする、蔑ろにする、というときには具体的にイメージが湧いて分かる人が多いのに、自分を大切にするということにははっきりイメージが湧かなくて分からないという人が多いのはなぜだろう?

それはともかく、

自分を大切にしない方法

誤魔化しの方法の例を挙げておきましょう。自分をぞんざいに扱うとはこんな方法:

  • やけくそな方法
  • 不満、しこりの残る方法
  • 伸びのない方法、先のない方法
  • 本心と食い違うことを選択すること
  • 対象に嘘をつくこと。この場合つまり自分に嘘をつくこと

間に合わせというのはその場だけの解決だから、将来に禍根を残します。つまり未来の自分のためにちっともならないこと。でも現在の状況にとりあえず手を打つ方法ではあったり、手軽に選べてしまう選択肢です。ある種の「」のようなもの。

手軽に使える毒、粗悪品の選択肢。つまり、

自分のことをちゃんと考えていない方法

ですね。手軽な、という点以外に何も見るべきものはありません。

 

自分を大切にする方法

自分にとってベストな方向をしっかり模索すること

まあこれに限ります。自分が何を考えているか、何を思っているのかを掘り起こすような作業も必要になってくるでしょう。

何かを大切に扱うには、当然慎重にしないといけません。知恵を巡らせる。細部にわたるまで検討する。最善の策を探す。手を尽くして探します。面倒くさがって適当な方法を使ったりはしませんよね。

自分に対しても全く同じです。何ら変わりなし。

 大切にしてるつもり、を防ぐ

少し補足。ベストとを尽くしているはずなのに、なぜか空転してしまっていることがあります。そんなことにならないために、こちらの言葉を記憶しておいた方がよいかと思います:

十全な解決を図るようにする

これは色々な面を考えて、全面的によし、という解決を目指すことです。

反対に、例えば経済的なことや、精神的安定だけを考えるのは全面的とは言えません。

 

 

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です