nノート表紙とペンa0002_011009

【言語技術】文章力を上げる簡潔明瞭で優れた文章の構成法【鉄板】

作文・レポート・報告書など、説明的な文章を簡潔でしっかりとした文章にするためのルーチンは、以下の通り。

 

文章構成のルーチン

  1. とりあえず、書き出す。
    • 頭の中にあるものを吐き出す。恥ずかしがったり、失敗やタブーを恐れずに書き出す
  2. 書きながら考える
    • 書いて、書いたことを見て思いつく、書く、の繰り返し。アイデア出しの段階
  3. 言いたいことを一つ一文で表して取り出す。テーマの選定。(要約しておくこと)
    • 出たアイデアの方向性が複数あるのはよくあること。そこから一つだけ言いたいことを選ぶ
  4. 3.で選んテーマの説明や理解に必要なパーツをそれぞれ一文で取り出す(要約しておくこと)
    • 主張したいことだけでは伝わらないので、説明や論拠、分かってもらうための例を取り出す
    • これらのテーマ以外の文章のパーツも、それぞれ簡潔に言い切って、単一の機能を持つようにする
  5. 言いたいこと(テーマ)、説明、例、比喩の役割に応じて組み立てる
    • 箇条書きにして、相互の関係を確かめる
    • その後に文章化する
  6. 記述が足りない部分は補足する
  7. チェックリストを確認する。まだ完成していないのであれば1.に戻る
  8. 余った文章のパーツは残しておく
    • また別の機会に役立つ。今書いている文章にすべてを盛り込まない。

チェックリスト

  1. 言いたいこと(テーマ)が二つ以上ないか?
    • (文章全体を要約して一文で表してチェック!!)
  2. 各段落の機能(言いたいこと、説明、例、比喩)と内容は二つ以上ないか?
    • (段落を要約して一文で表してチェック)
    • (各段落の要約をして、段落間の関係をチェック!!)

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です