黒猫とハートa1380_000752

【言語技術】思っていることを表現する方法と素養

 

 

 

 

方法:

  • 思っていることを、ぴったり表せているかどうかをテストすること。
  • 自分の思っていることが、現実可能な小さなものに置き変わっていないかチェックすること。
    • 小さくまとまってしまっている、という状態を避ける
  • より思った通りの表現に近づけてゆく。

素養:

  • 思っていることを表現するための単語を大量にもつこと。
    • 表現の選択肢を広げておくわけだ。
    • 小さな辞典でも良いので、サラーッと読んでおくこと。
  • 似たような言葉の区別を日常的にしていること。
    • 言葉や考えの細かな違いを知っていると、より思ったことに近い表現が可能になる。
  • クドくて説明的な表現で説明することを厭わないこと。
    • シンプルな表現の追求は人に伝えるときにすること。
    • ともかく、思ったことをより正確に表すことに腐心すること。
  • 適切な表現がない場合には、比喩的表現を使ってでも表すこと。
    • 適切な言葉がない、言葉を費やして説明するのにはあまりにも複雑すぎる時に有効。

重要性:

自分が何を求めているのか、

何を思っているのかを知るのは大切

自分がどうしたいのか分からなければ、

その先計画を立てようが実行しようが全部それていくのだから。

 

頭のなかでは分かっているけれども表現できないということは、

人に思っていること、考えたことが伝わらないということにつながる。

思ったこと考えたことを全部自分で実行してしまうのであればいいんだけれども、人と考えを共有したり、伝承したりすることはできない。なかなか困った状態だ。

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です