誤謬論

【思考】【論理】論理的に書け、ってどういうこと?の補足-「そのりくつはおかしい」

論理的に考える・書くことを学ぶときには、間違いに注目すると伸びる。なぜかというと、日常生活には間違った理屈があふれているから。つまり常時勉強になるんだな。

 

テレビなんか見てても間違った推論だらけですね。

「AだったらBですよね!」

「そうそう、だからBだったらAなんですよ~」

みたいな話はもう始終しています。

 

ええ?

「金槌で壷を殴ると割れるんですよ~」

「あー、割れてる~、金槌で殴ったんですね!」

 

そんなアホな。こんな論理が通用するなら

殺人事件のサスペンスもののドラマは全滅ですよ。

多分死因はすべて金槌による撲殺です。

だって、金槌で殴れば死ぬもの。

 

…ともかく↓

 

誤謬論・錯誤論

あまり知られていない言葉だけれども、

この分野では私たちのやってしまいそうな間違いが

非常によく網羅・整理されているので

一度読み込んでみることをお勧めします。

 

ボリュームのある分野なので、

一気に読まずに、ざっと目を通して

気になったところを読む、

というのを繰り返すとよいんじゃないかと思います。

 

ともかく、記憶しておいて損のない単語です→誤謬論・錯誤論

 

リンク

 

錯誤論:論理的/科学的に正しい推論/判断を妨げるもの(2012-01-19)辻野 匠

これはWebで読めます。書籍の数章分はあるボリューム。

Copyright © 1993, 1994, 1995, 1996, Nikos Drakos, Computer Based Learning Unit, University of Leeds.
Copyright © 1997, 1998, 1999, Ross Moore, Mathematics Department, Macquarie University, Sydney.

の翻訳のようです。

いい教科書で練習問題もついているけれども絶版か…?

Similar Posts:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です