Category Archives: 学習・成長

卒業a1180_005269

【教育】形だけの卒業・合格を与えて何をするものぞ

要約:

  • 形だけの卒業・合格はいらない
  • 卒業・合格とは、その能力に応じた「看板」である
  • 形だけの卒業・合格は、詐欺行為である
  • 形だけの卒業・合格は、後々の無理につながる
  • 補足: 形だけの卒業・合格から生じる無理を、小手先のやる気の引き出しの技術でカバーするのはただの次善策でしかない

(さらに…)

電卓ビジネスマンa0001_011517

初めてのプログラミングをする人のために

初めてのプログラミング自学自習

プログラミングを始めてみようという人が自学自習するにはどうしたらいいだろうかと思ったので少し書いておく。

ファイルを操作したり、フリーソフトを自分で使ってみたりという基本的なコンピューターユーザーとしてのスキルと、Web での検索ができることを前提としておく。

(さらに…)

寝てる電球a0006_000939

【学習】理解の度合いのリスト…分かったつもりを防ぐ

「分かりました」 この言葉に騙されてはいけない。自分で言ったときも他人が言ったときも警戒。

分かっているつもりで分かっていない、ということに気がつかないのは色々と困る。一歩ずつ進んでいるつもりがいつの間にか足をすくわれていることになるからだ。

理解の度合いを自分で測るのはなかなか難しい。下のリストは理解の度合いをチェックしたり、理解とは何かを考えるための役に立つと思う。

(さらに…)

ゴミ分別a0006_001680

【学習】【教育】学校の勉強は役に立たない、のならば…

「学校の勉強は役に立たない」

じゃあ、自分で役に立つ勉強をしているのかね??

 

「学校の勉強は面白くない」

自分で面白くしたらどうか??

 

一般に、

不平を言っているだけで次のアクションにつながらない言葉は不要。
怒り、不平、泣き言は甘え。誰かがなんとかしてくれるという幼児性の延長。

 

#学校での勉強がどういう効果を発揮するかということについての記事はいくらでもある。

自分にとって何がどう役に立つのか、自分にとって何が面白いのか、これらのことについての万人に共通する答えはある程度あるが、自分に固有の部分というのは抜け落ちていることが多い。

 

一般に、

非常に個別の内容に対する答えは、他人によって用意されてはいないことがままある。その場合には自分で考え出さないといけない。

 

ノート見開き、ペンa0002_011008

【言語技術】大学でのレポート課題は、口頭試問をされているつもりで書くのが肝心

レポート課題の書き方は、入り口はいろいろあるけれども、元々の目的から考え直せば大本がずれることはないだろう。

 

レポート課題は理解度を試すという面がある。

 

理解度をテストする方法には口頭試問なんてのもある。

面接形式で問いただしていく。ツッコミを入れていくわけだ。

 

実は、この辺りでレポートと口頭試問は同じ側面を持つ。

(さらに…)

h飛行機、飛行機雲a0005_000035

【学習】テレビも授業も遅くてかなわん。自学自習が最速。

考えついたことそのままの形というのは、パーソナルなもの。そして、非常にコンパクトな形をしていて、分かりづらいこともある。

反対に、噛み砕かれて広い範囲に伝えることを目標としている場合には、非常に冗長な形を取る。

自分専用、ある個人専用のものを作るのは、多人数が使えるように配慮したものよりも立ち上がりの面でくて、高速に動作(読み書き、使用)しがち。

学ぶときにも同じことが言える。自分にフィットした方法を作り出し、それを適用し、その際には自分にだけ分かるような言葉を使ってもよい。結果、非常に素早く立ち回れる。

詰まっていなければ、ハマっていなければ、全然知らないことでなければ、自学自習が最速では、と思っている。

  • 詰まっているとき…とっとと打開策をもらえれば早い
  • ハマっているとき…穴から引っ張り出してもらう
  • 知らないこと…自分のアンテナにかからない、面白そうなこととなどは人からもらうのも良策(自分で探し回るのは、それはそれで得るものがある)。
u馬、転倒a1370_000239

【教育】【学習】なぜ勉強するか、以前の問題。この問の動機と構図

なぜ勉強するか、という題目の話は沢山出てくる。結局は社会で生きていく上での前提となる知識のまとまりと、経験や生活上の技術を拾っておけということになるんだけれども、

そもそも

しんどい、うまくいかないなぜこんなことをするのかと言う

という泣き言を言う癖が少なからず根っこにあるのではないか????

 

そして、この手の話の方向性ももう少し整理した方が分かりやすい。

  • 問題を解決する向きに進むと、勉強法に向かう。時には学校の問題として捉える。
  • 問題を解消する向きに進むと、勉強しなくても何とかなる、に向かう。

となるという構図を頭に入れておくべき。

あと、ここでは個人的動機に基づいているとして考えてるけれども、理屈をこねている内にいつのまにか、社会・道徳的になぜ勉強がいるのかの話に逸れていたりするのをよく見かける。

※補足: この手の問題に出てくる勉強は大抵受験勉強の話。受験勉強以外の勉強をする話はなぜでない??少ない??? 勉強した内容が役に立つというならば、こっちの話も出てきて然るべきではないのかな?

m水タンクと街

【教育】学校の勉強がつまらない理由

理由は簡単。学校で教える内容は、必要なものが入っている。けれども必要なものの一部分しか入っていない。

ダイジェストを読むのはつまらない事はご存じだと思う。学校で習うことは、ダイジェストでしかない。

面白い内容は学校の勉強ごときを遥かに超えた豊かな範囲にある。面白くなるぐらいまで勉強しようとすると、かなりの量を学ばなければならない。

※一時期のゆとり教育での教科書は酷い。ダイジェストとしてつながってすらない。内容的に省くのをためらったのだろうけれども、前後とロクにつながっていない部分がある。キーとなる概念が飛んでいたりもする。

t地図、江戸城a0800_001143

【学習】新しく何かを勉強し始めるときにすべきこと…その分野を見渡す

複数の概説を読む、複数の本の目次を見ておくことで要点を洗い出すなどしておく。斜め読みで通読もしておく。

要点とその構成を知っておくと、大したことのない末節の内容をスキップできて、力を入れるべきところが分かる。要点が分かれば、後は末節をつけ足していけば良いだけ。

一つの資料だけで勉強すると、著者によってまちまちな要点に翻弄されがち。

1 2 3 4