Category Archives: 学習・成長

何とかかんとか生きるのが人間の基本形/だから過保護にするな

目一杯混沌と格闘して、這いずりながらも生を得た人間。<ちなみに私はそちらの方が好きだ>。苦しい中で曲がりながら、磨り減りながら緩みながら弛みながら、だらしなく、迷惑に、温情を時に持ち、実際には大して意味のない虚業で食いつなぐ。でも何とか生きる。これが人の真の姿だ。

こども好きの人間の中に、子供の純粋さに触れられることが素晴らしいという言い方をする人間がいるが、子供の姿は真の人の姿ではない。

人にとってのこの世の本質は苦だ。荒れ地だ。人の生は荒れ地にへばりつくように立つ掘っ立て小屋だ。アスファルトを割って生え、金網を飲み込んで伸び、枝を伐られたねじ曲がった木だ。
苦しみに対して、小さく限られた力を持って何とか立つ姿。それが人の姿だ。

それに目を伏せている、過保護を促進している奴は、楽園を作って子供をそこに投げ込もうとする奴は、何か考えがあってやっているのか。

今の子供に足りないものは、それだ。子供にそこそこの荒れ地を提供しなかったのだ。フワフワしていたり、増長するのは、そもそも力を尽くしてもなんとかかんとかするのが難しいという状況を子供から奪ったせいだ。

y矢印左a0990_000015

【教育】大学生の高校生化: 大人がショックを与えない怠慢が原因

大学生の高校生化、中学生化、幼さについては既知のことであるが、その動きは最近さらに加速しているように思われる。

高校の延長として意識の変化もなく、ズルズル大学生活を送る。

どうもこれは大学だけではなく、他の校種でも起こっていることのようだ。

高校では中学の延長、中学は小学校の延長、と意識の変化を起こさずに過ごしている。

 

学校の種別が変わるたびに、ある程度の意識の変化が起こらなければならない。 (さらに…)

ゴミ分別a0006_001680

【教育】学校の勉強は役に立たない?→学校の勉強は老婆心で出来ている

学校の勉強は役に立たない (まあ逃げ口上ではあるよなこの台詞は)

じゃあ、役に立つ勉強を自分でやればいい

実用的なことを学ぶ

(しばらくして…)

まとまりがつかない、応用が効かない、何をしているのかわからない

結局根本的なことが分かってなきゃ駄目じゃん

あーなんだ昔の人は根本的なこと調べてるじゃんか

学校の勉強(classics …古典的で定評のある学問的内容)に戻るか

 

学校の勉強は、こういうことを見据えた老婆心の賜物。

実際に役に立つことというのは、有象無象の大量の知識と経験を含むんだけれども、余りにも多すぎて、意図的に整理しないと往々にしてまとまりのない、統一的な視点を欠いたものになる。

 

#他人が寄ってたかって何千年も作り続けたもの(学問、知識、思想、技術 etc.)の「上澄み液」をすするのは、美味しいことのはずなんだけどねぇ。

#まあ役に立たないとすべき学校の勉強もあるわな。それはその人による。

nノート表紙とペンa0002_011009

【学習】最高に賢い勉強方法→自習最強。どう学ぶ、面白さ探す、例や問題を自作etc.

最高に楽で伸びる学習方法はというと、自分で勉強するってことに尽きる。自習最強

自分にフィットした方法が最強。他人の方法でやるのは結局遅い。

 

勉強で行き詰ることがあるから自学自習なんてできないと思うかもしれないけれども、

勉強中にはまる落とし穴なんて、決まりきっている

 

最初の内は慣れないので自分で勉強するのは効率が悪いと感じるかもしれないけれども、

こんなのは誰でも慣れればできること。

自習ができるようになるまである程度試行錯誤の期間はあるのは当然でそこで折れたら負け

逆に最初に効率が悪くて人に教わってしまうといつまでたっても効率は悪いまま。しんどいままです。

(さらに…)

書店_古書a0002_009488

【思考】【学習】賢くなる調べものの方法→「地図・地名・ガイド・土地勘」から正確さへ

調べもののやり方を知っていると、思いつくままに調べるよりはずっとストレスを感じなくなる。無暗に検索するのは疲れますよ。

※調べものは考え事と同じで、探索行動。つまり迷うことに通じる。うまくやらないと疲弊するのは当然。

 

理想的には今から挙げるような順番で調べたいもの。

ただし、前人未到の領域などでは、得られないようなものもこのリストにはある。

 

■いきなり調べたいことの詳細に突き進んではいけない。周辺の状況を知ることが後々大きな力になる。

  1. 調べたいことがどの分野にあるか知る
    • 比喩:「どの国にあるか知る」
  2. その分野でカバーする範囲を知る
    • 比喩:「国の形を知る」
  3. 概説、概況、概観、入門用の説明などで、その分野の大まかな地図を手に入れる
    • 比喩:「何県があるか知る」
  4. その分野で出てくる単語をあらかた知る。これは意外に難しいときもある
    • 比喩:「地名などに目を通す」

■やさしい理解から、正しさの追求へ

  1. まとまった情報を探す
    • 《断片化した情報を避ける》
    • 比喩:「ガイドブック」(全域の)
  2. 解説や拡散(口コミなど)の二次的にできた情報を追う
    • 《分かりやすい表現や図などで、イメージ作りをする》
    • 比喩:「土地勘」
  3. 正確な表現を追う
    • 《明確な理解を作り上げる》
  4. 情報源を追う。吟味する
    • 《正しさを追求する》

なお、どれぐらいの詳しさでよいのか、どんな関連分野のことは不要なのか、という基準をもっていると、余計な調べものをして疲れずに済む。

k風見鶏ではなく風見船a1180_006733

【学習】勉強すべきこと→学校にとらわれず、自分を育てればいい。それだけだ。

「学校なんて、役に立たないことばかり教えている」

「学校で教えていることは面白くない」

…じゃあ、役に立つことでも、面白いことでも、勝手に学べばいいじゃん。

#実際、高校までで教えていることは、Classics なんだ。古典だな。

 

はて、学び取ることとその目的は明白だ。

この先、生きていくこと全体に役に立つように自分を鍛え、知ればよい。それだけだ。

一生積み重なる汎用性のある知識、アイデア、技などを蓄積して自分を鍛え、知を自分の一生を支え生かすものとするだけだ。

詳しくは、以下の通り。
(さらに…)

nノート、いろんなノートと鉛筆消しゴムa1380_000098

【学習】無暗な棒暗記はバカのもと

 

理由は簡単。

  • ・知識と知識の関連付けが希薄→論理なり歴史なりの流れで覚えるほうがマシ。
  • ・↑の当然の帰結として、応用が効かなくなる。賢くならないと言ってもいい。

(関連のないバラバラの情報は役に立たん。関連がないと再び情報を引き出せない。考えること=情報を引き出すことと言ってもそう間違いはない。)

 

余談だが、R.ファインマンの本に、南米のエリート大学生に教えたけれども、学生が暗記ばかりをして鼻高々になって困る、というようなことが書いてあった。

(さらに…)

h埴輪分かってないa1030_000021

【学習】大学生になって、馬鹿になる方法

やるべき課題を言われた通りに指示通りにこなすだけで、

全体としては何をやっているかというアイデアを理解せず

教師に噛み砕いてもらった細かいことをなんとなく理解し疑いもせず棒暗記しては忘れ、

特定分野でしか役に立たない知識やテストにしか出ないような知識を頭に突っ込み、

役に立ったとしても10年すれば陳腐化する知識を有難がり、

しそうな対象には心折れてあきらめ、時に適当にやり過ごし

心身を疲れ果てさせ、学費をはたいて合格のスタンプと卒業証書を貰って、

何がしたいかも自分で判然としない卒業生になることである。

 

ここまでやれば完璧だ。

学費と時間をドブに捨てて、完膚なきまでにバカになれる。

 

#腐るほど遊んでも、バイトしても、商売しても、賢く勉強することぐらいできますよ? 何よりも暇つぶしをしないこと。コツはこれに尽きます。

学校校舎a0002_010463

【教育?】学校だるい→社会人的態度をとって教員に一切文句を言わさせない

学生のころの経験を書いてみる。

まとめておくと、

  • 社会人的態度でいれば、小言を言われることはない(優等生である必要はない)。
  • 授業なんてちょっと予習して行けばテレビみているのと変わらん。苦手な科目でも家で自分で勉強した方が好きなようにできるだろ。

(さらに…)

1 2 3 4