Category Archives: 対人

h埴輪分かってないa1030_000021

【思考】勤勉なバカ、頭の回転の速いバカ→すぐに思考停止して出来た気になる

小利口で勤勉、頭の回転が速そうだけれども昆虫みたいな思考しかできない人間っていますよね。

それ以外にも、正義や利益を振りかざしているけれども、やっぱり馬鹿なんじゃないの?? と思わざるを得ない人に時々出くわしますね。いつも言っていることはそう間違ってはないし、善意にあふれる行動が多い、でも、やっぱり根本が見えていない馬鹿じゃないかと思うことが。

彼ら・彼女らは、すぐに

  • 社会のルール、
  • 分かりやすい利害、
  • 道徳や倫理、
  • みんなが信じていること、
  • 個人的な信念、
  • 誰かの思想

…を持ち出して、話をそこに帰着させて、話の決着をつけようとするんですな。

こういう人間は、まったくもって賢くない
なぜか?? (さらに…)

s城、城壁a1370_000338

【社会】盲目的な「きっちりするのは善」という風潮は社会を停滞させている

揚げ足取り、文句言いというレベルでなくとも、「きっちりすることはいいこと」ということに盲目的な風潮は、現在の日本にははびこっている。質の追求や改善という言葉で思考停止している人間のなんと多いことか。

きっちりと物事を進め悪いものを潰していくだけで、物事が常に前に進むという考えは完全に間違っている。完成度を上げることには良い面があるし、あまりにもデタラメなものは淘汰されるべきだろうが、だからといってそれを錦の御旗のように掲げていればよいものでもあるまい。

一般に、ある方法に固執するということ自体が停滞を生むが、この「きっちりすることはよいこと」に対する盲目的服従も、同様に大なり小なり社会を停滞させる原因となる。

新たな物事を打ち立てようとするときには、最初は完成度のことはあまり考えるべきではない。これは当然のこと。したがって、盲目的な「きっちりするのは善」という風潮は新たに価値あるものを生もうとする力を削ぐのだ。

盲目的な「きっちりするのは善」よりも価値あるものを生もうとするべし。

何をどうしたいのかを問い直して、既存の価値を打ち捨て、自ら望むものを打ち立てるべし。

n猫、揚げ足

【対人】揚げ足取り、文句言いは「役立たず」の道理のわからない人間の典型

この世で人間がなすことというのは、ほとんどは額面通りにはゆかない不完全なものである。つまり、ケチをつけようと思えばいくらでもつけられるものである。

肝心なのは何かをして良い方向に持っていこうとすること、価値ある行動をすること、そのために必要な条件を満たすことであって、完全無欠であることではない

人間はしていることと言っていることを完全に一致させている暇はない。

多少の過ちは無視しても目標をある程度成就するためにうまくやるために事を運ぶべきなのに、揚げ足取りをして転覆を図るのはそもそも目的を見誤っている。正しい指摘でかつ有用でなければ、ただの邪魔ものである。

確かにデタラメをやる人間を抑え込むためには文句を言うべきだが、そうでない有意義な行動をしようとする人間にまで文句をつけるのは馬鹿げている。自分の非を認めないために文句を言うなんて馬鹿げているの極地だ。

#揚げ足取りなんて対処するまでもない。価値ある目標に向かう気がないのかということを詰めていけばいい。それだけ。

鹿の集団a1370_000261

【対人】許せない人の対処「人でなし!!」「人としてどうなんだ」→あなたの「人」のイメージのずれを直す+人を分類

許せない人に対して、こんなことを言ったことはないだろうか。

として許せない! だってあの人はああだからこうだからどうたらこうたら…」

でなし」

この「人」は何かというと、あなたが感じる「人ってこんなものだ」という感覚で捕らえているそれである。短く言うと、あなたのいうところの人である。生物的に人であるかとか、社会通念的に社会的に問題のない最低限のことをわきまえている人であるというような、そんなに一般的な人という概念などではない。

人として許せない、というのはあなたの持っている人のイメージから外れた人間が現れて、期待を裏切られ、また混乱し、怒っているのに過ぎないのである。

 

どう接しどんな対応をすればよいかという基準で人間(生物的な意味で)を分類し、その分類に従って対応すれば問題はない。

#数学風に言うと、「等しい対応をすればよい人間、で類別する」感じ。

 

(生物的な意味での)人間を十把一からげに「人」と呼ぶから混乱するのである。

異なる分類のものには、異なる名前をつけ区別し、異なる対応をする。

そうすれば混乱は生じない。 (さらに…)

n猫a0005_000447

【人間関係】好きの反対は、やはり嫌いであってる。ちなみに無関心の反対は当たり前になる(詳細付)

まとめ:

「好きの反対は嫌いで、十分に嫌い落ち着いたときには無関心になる。」

向きを反対にしてもこの文はまだ正しい。

「嫌いの反対は好きで、十分に好いて落ち着くと当たり前になる。」

好き・嫌いというのは自分の内側、外側に向いた力を受けている状態であり、その位置は無関係である。当たり前・無関心は共に力を受けなくなっている状態を指しているが、範囲の内側・外側に位置しているという違いがある。

(さらに…)

n波と鳥a1180_006710

【対人】世間の荒波?? それ小波。

■あくまで「雑音」。処理できて当然。

世の中にあふれている、

批判・誤解・嫉妬・無知・愚行・傲慢・卑屈・欺瞞・絶望・羨望・裏切り etc.

から身や心を守ることは必要なことながら、二義的なものに過ぎない。

世間の雑音から自分を守るのに拘泥してはならない。

世の雑音から逃れるの《だけ》がうまくなっても仕方がない。

 

■たいそうなものじゃないよ。

こんなものはいくらでもそこらに転がっている。

ありふれたもの。

こんなものに躓いてはいけない。

道路を歩くときにある凸凹と大差がないと思えばいい。

たまにすっ転ばされるぐらいだから気にしない。

その程度のものだ。

 

路面の凸凹に泣き叫んだり、絶望したり、怒り狂ったりしてどうする。

ああ、またか、と思うぐらいで十二分だ。

凸凹なんて超越すべきこと。つまり、問題にしないことだ。

テキトーに処理すればいいことですよ。世間の荒波なんてただの雑音

(さらに…)

鹿の集団a1370_000261

【対人】対人関係・人間関係に悩んだら、「感じるな、考えるんだ!!」

対人関係・人間関係に悩み始めると、

多くの人は、憶測に走る。

「あの人はどう思っているだろうか」

「私はどう思われているのだろうか」

 

そんなことを思い、憶測をしていても分かりはしない。

いろいろな人の言動、

どういったか、何をしたか、

を元に、結局自分はどうするのか。

それを考えるべし。

 

分からないものについて当てずっぽうをするより、

手元にある情報を元に、とるべき手段を考える。

操り人形a0790_000140

【対人】人を動かすある方法: ほとんどの人にあるプライドを利用する

人: ここでは、自分も他人も含む。
ほとんどの人にあるプライド: 「私はこうである!!」というもの。

 

 

例:

  1. 年齢、歳相応
  2. 泥棒ではない
  3. 人間である

なんだそれ、役に立つのか?? と思うならば、
他人に向かってこれらを否定してみればいい。

  1. いくつになっているんだお前は。小学生か。餓鬼め。
  2. お前人のものかすめ取るような奴だろ。
  3. 人でなし。猿かお前は。

ひどい例だ。

もちろん、肯定的に使うことも、優しく使うこともできる。

  1. 君たちは高校生になって、ぐっと大人になった。昨日は
  2. 「監視カメラににっこり微笑んで下さい」
    • …(泥棒じゃないですもんね、お客さん)
  3. (社会人として扱う)

#自尊心をくすぐるとか、リップサービスとかも含まれるな。

h埴輪分かってないa1030_000021

【対人】仕事での問題、悩み、ストレスの原因は、人間関係なんかではない

仕事での問題、悩み、ストレスの原因は、

「バカ」

だ。

(関西で言うバカ。関東で言うアホか。)

 

何か人を馬鹿にしているような物言いだけれども、
それはう。

バカ: 物事が分かっていないこと

ということだ。人間関係、精神的な問題、仕事の処し方、いろいろだ。

 

はて、普通は「あいつはバカだ」と人に対して言うが、

実は、ほとんどの人に「バカ」が《ある》

時期や場合によって、「バカ」は出たり出なかったりもする。

 

そんなわけで、仕事での問題、悩み、ストレスの原因を消すには、

バカを消すのである、と認識すると視野狭窄を避けられてよろしい。

 

べつにその人を左遷する必要があるわけではない。

バカ自体を無効化できればそれでいい。

#首にしたほうが良いことはもちろんあるだろうけれども。そうそうできないでしょ。
#自分のバカにも気をつけないと。

ニコちゃんライトa1590_000042

【対人】対人関係と、人間関係を区別するとちょっと楽

・対人関係: 個人的な関係、よりパーソナルなもの
・人間関係: 社会的な関係、よりフォーマルなもの

この二つは意識しておくと楽になる。

例:  喫茶店で注文する時

・対人関係 (人と人、としての関係) はどうするか。
・人間関係 (客と店員、としての関係) はどうするか。

この二面から考えると、
よりすっきりと理解し行動できる。

#いつも、立場上の関係と、人と人という関係が付きまとう。

1 2